アルファ
ジャパン

アルファ ストーリー

アルファ インダストリーズは、米軍には保護性能の高い、より優れた品質の服がふさわしいとの信念に基づいて設立され、過酷な気象条件にも打ち勝つ最高の製品を供給してきました。

1959年 10月の創業以来、米国国防総省はアルファ社と契約を結び、米軍人向けのジャケットを生産してきました。代表的な製品には、N-3B パーカーおよび MA-1 フライトジャケットがあります。ベトナム戦争により国防総省との製品契約が大幅に増加し、アルファ社は1960年代に急速な成長を遂げました。激しい戦場での使用から得られた教訓も、布地や生産工程における新しい技術の向上につながりました。その後アルファ社は、歩兵向けジャケットの生産も開始し、代表的な M-65 フィールドコートはベトナム戦争で伝説を作り上げました。

創業当初、アルファ インダストリーズは、余剰在庫を軍人養成のカレッジおよび海陸軍の放出物資市場で販売してきました。アルファ ブランドは、民間の顧客および米国外の軍隊組織による、人気のフライトジャケットおよびフィールドコートの注文が増加の一途をたどるにつれて、目覚ましい成長を遂げてきました。 在役中にアルファ ジャケットを支給された退役軍人は、アルファ ブランドについて好意的な印象を持っており、アルファ社の製品を普段の生活で着用するために購入を始めました。さらに、軍の正規の規格に準拠した「ミルスペック」のアルファ ジャケットを、国防総省の放出物資販売を通して、消費者が入手できるようになりました。

1970年代には、毎日のファッションとしても着用できる、品質の高いミリタリー服の需要が、一般消費者により一気に増加しました。アルファ インダストリーズは、民間の市場向けに、かの有名な MA-1 フライトジャケットおよび M-65 フィールドコートの生産を開始しました。カラーバリエーションが増え、アルファのロゴには、実際に軍が使用するミルスペックジャケットに見られる 1 本の横線ではなく、3 本の横線が入るように変更されました。工場で働く従業員は、 「横 3 本線」 のタグにより、商業用のジャケットと国防総省用のジャケットを簡単に素早く見分けることができました。この横 3 本線は、すぐにブランドを象徴するものとなり、現在でもアルファ社のロゴの一部として、輝きを放っています。

1980年代も、ミリタリースタイルの服装の流行が続きました。米軍の軍服からヒントを得たファッションの需要が、米国内だけでなく、世界中で急増しました。アルファ社が商業的に大きな成功を収めたのは、米軍が使用する正規のジャケットを生産してきたという実績に裏付けられた専門技術によります。

今日、アルファ インダストリーズは、ミリタリースタイルの高品質なアウターウェアにより世界中で認知されています。私たちは、スタイルや機能において現代的な革新を生み出すとともに、アルファ社に受け継がれてきた伝統的なミリタリーテイストの製品を生産していきます。ジャケットにしてもコートにしても、1 つのことが当てはまります。横 3 本線のロゴは、アルファ社の評判を支えてきた優れた品質を常に示しているのです。

アウターウェア

シャツ

パンツ

他の製品

×

THE ALPHA NEWSLETTER

Want to know what's going on at Alpha Industries? Sign up for The Alpha Newsletter to be in the know about…

  • New Alpha Products
  • Promotions
  • The Latest Trends
  • Alpha News
Back to Top